合同説明会とは、何ぞや

合同説明会は、文字通り複数の企業が集まって自社の企業説明会をする場の事を言います。


これまでの企業説明会は、単独で行うことが多かったでした。しかし、これには何点かのデメリットがありました。

まず、学生側は一日に複数の企業説明会に参加しにくいという事です。



良くて午前と午後に参加。

しかし、これでも二社しか参加する事が出来ず、移動時間と交通費の無駄になります。



企業側も、大抵は予約制を設けていますので、参加してくる人数は把握できてしまい、少なすぎると説明会を設けた意味がありません。そこで、役に立つのが合同説明会です。

これは、学生側にも企業側にもメリットがあります。

学生側は一日に複数の企業説明会に参加できるという事です。

会場が一つのホールですので、移動がしやすく、一つの企業説明会が終われば、次の会社の企業説明会に参加しやすいです。



つまり、効率よく企業説明会に参加できてしまいます。

さらに、履歴書・エントリーシートの添削、面接対策もありますので、プラスアルファの要素が存在しています。そして、参加費が無料ですので、就職活動を行う上では、行ってみて損がないと言えるイベントの一つであり、情報収集にも大変良い場であるといえます。
企業側も、予約不要の企業説明会ができますので、不特定多数の学生に対して企業説明会を行うことが出来てしまいます。

そこで自社の人気も図ることが出来ます。

つまり、学生と企業側、お互いがメリットがあるのが合同説明会です。